プロジェクトタイトルプロジェクトタイトル

簡潔な説明

簡単な説明

調達額
目標
¥ 1,000,000
0%

誓約

¥ 0

Backers

0

¥
詳細
sevenseconds777

プロジェクトの説明。
以下はダミーテキスト

外は兵隊のかっこうセロ人に猫を終る虎ましょた。またぴたり大丈夫ましたいって糸まします。

愉快ですたのうはたすると狸の気の毒団のなかがはぴたっと気の毒たならで、私など眼に置いれことましない。

歩きすぎこれは勢にかなしたて前のおっかさんの狸者からあわて第一北の方弾のおじぎからしていますない。交響は明方食うでもらった。野鼠は二弾い扉のように云えてやろまし。

かっこうはだいふしぎとそれをきいとやるまし。

狸は赤ん坊にまだと組んてざとじぶんのをゴーシュのようにどなりてゴーシュが聞いてやっとうちになってった。どうして時々ねずみへ一つからもっませない。ここらすこしに畑を運びておっかさんが済ましただ。

気分が云ったござい。

「一つが死んまし。医者、おれにからだ。なっ。」それは一生けん命の中のずいぶんたくさんの上で落ちましん。野鼠は狸を大嘴をいただけて写真をあとでしでぐるぐる一生けん命死にしたらっきりをなきますない。

どうも話するて、出て押していうと耳をそしてあかしにぼろぼろ枚ねむりなた。「ょってじぶんのはじめ。

象をすっない。弾きかい。おれもなんを猫におろしてでもわらっ風は重んましてね。」やつもいやそうが出てな拍子ゴーシュをあきたりただいの外がなおるでありたりこりて行けた。マッチもとりので間の弾いたまし。

何はすっかりばかはいいんたて楽長はすぐ重んただ。「前のさっきのおっかさんを。

なっ。」みんなはいきなりなっましで。窓も音楽に弾くからたくさんう。それから前はよろよろぶっつけましない。

早く病気たとすわり込んているて晩をわらっようだゴーシュに云っしするとようよう舞台を位来るたん。

まだかと勢はて何とかとっますたて面白いんには夕方はかっこうのうちないまし。楽長もおれでさっきだ児のままこっちをすうだようになあ楽長舌で猫にはいってみんなか戻っんで云ってきだまし。「そしていきなり元来のセロ。鳴らし。」

そらとわからて答えたかとなってまもなくゴーシュより楽隊のまるで運びて勢どなりつけたな。「無理ます。

もう見るていた。このへんは愕のこどもなのます。

それにあのどうもあいなんで。かっこう。

かっこうなどむっと棒一ぺんは青い気たなあ。

頭であとから済ましてやるここたちへそのセロガラスかっこうたりセロげのマッチまでの下トマトでしてやっだやっとそれの面目もいきなりするんまし。ゴーシュ楽長さま。さんをは考えのたのによ。

扉としてことへなんだか置いしまった。

はいっは云いは先生ということをすこし出ないのた。

するとすっかりもうゴーシュのテープと吸ったもよ。君でもどこまでいるた火事のかっこうを食うて何のだいがかけるてしようだろのまし、ちがうな、こうなりで出したてなあ。額なるそのばかゴーシュあたりをおれ二ぺんのなかに野ねずみがとりようたんないは、みんながはたったいいかげんますてなあ。すると今日は心配もおまえほど、して三毛をはいったい棒がいただけていいろ。」

それはせいせいを出て、そして頭をほてらてゆうべでなおりたりみんなかをおこっといだりやれたた。かっこうはそのいいかげんんうちみたいたゴーシュよりなって眼のんを云いちゃからだでわらいからのそのそ猫から来だなて、テープでやっ来てたら先生だけ見だっ仲間たくさんしましときへ一生けん命を眼には笑い者あげですない。そのセロ嬉しゴーシュは何かゴーシュますぞ何気ないくせがかけるこども会にわらって来まします。

ゴーシュと云いてはここらも音楽のかっこう沢山たへなっいうれた下子を、かっこうはそこをまた一時たがしてたくさんはゴーシュの譜のそのドレミファへつけのかっこうに死んと町の療から叫ぶやひいて云わすぎをしてやろどすっかり啼くていてくださいたのまし。間をうちでしてえいを出ていまのくるし狩りに弾きたいた。何も何じゃな。その夜のびっくり弾いな諸君なまし。口も何へ猫のうちがようよう座って、たった天井がゴーシュがなって楽長の小節へかっきりなおしました。

それからゴーシュをいっしょ立っから気が飛びたちて一杯セロふうなら譜をしの音楽に落ちやっただ。どなりをひるてきてもなっわらっては云いたくさんなったまでつかながらするとさっきをくわえなあことはしかいもの持ったおええごそらおあたっいましだ。ロマチックシューマンはぜひごおしまい弾きてっんかはしますようにすわりて扉はまっ勢にこっ鳥はどうもあけてぐっすりいい交響曲が変え半分をもしかとひるようにしませた。そのままここらか赤ひとりの硝子をかっこうとおろしんで押しんた。

「ゴーシュみんなか。」ドレミファは云いましようにはせますた。するとするてろをもって云いてやろどしもんは半分なんか一一枚おろしなんをしゃくにさわりその一毛ゴーシュましまし。

楽長のかっこうを見まし一生ちがわう楽長をどんとまるくそうにやっがくださいて舞台の毎日からやめてしたまし。「ええかっまし。いきなり病気はおいしいないな。」「どこたて」頭を起きあがっでしう。「それごみやない。

弾いてやっ。」一日舞台を叫んただ。屋根裏はつぶっとのもうが二枚にしでした。

「それからひけ君を音なんて尖ってっととっまし。第二みんながわかっ室がいになってったんでも起きあがっか。

またそのねこなんてこれの楽屋のなんた。きみた。

よかっは入れた何をしゃくにさわって。

前だってはドレミファのかっこうがしや勢でしやおろしたふりもそれたまし。して来い。ひろっ。」

いや晩はゴーシュがむずかしい組んてゴーシュをきいてもつづけましうてゴーシュの砂糖でもう教わりてなおりですで。「野ねずみ、りん大子にいえて、ご室を過ぎた。

みんなをシューマンの眼をなおるてごらんまげ。進みで行きませから。」「愉快ん方がなっな。

譜のんへ。」子なおしもありとこの虎の誰いっぱい歌っうてまたあるだない。「またお返事も開くたでし。じっと。

どこは時々片手の巻からとるたてしられるましんまし。」「無理た。変ます。大丈夫た。」ゴーシュはまるで大かっこうをなって出沢山の叫んましようにざとじぶんの見てするだましとまして音楽に倒れるてしたまし。

「するとすぞ。」

ゴーシュは何が考えなかゴーシュをゴーシュをぶっつけて風は誰吹き出からちまう、また楽屋に弾くがあとを入れました。ところが怒りを一三枚すぎのねどこのゴーシュを写真のときが夕方など参れでくださいませまし。「そこの睡っと。」

「トロメライ、ゴーシュおじぎ。」晩はたばこに云いと拭いてわらったまし。「りんか。トロメライとかいうんはそののか。」顔つき戻そもそれを云わたかところがのボーがなってですヴァイオリンのセロの猫へまだわからまします。

けれどもごくごく萱のようない屋根裏に「印度の音楽血」というゴーシュへしまわっました。それから晩はりんゴーシュがにわかにして来ですましていきなりホールたり口をわらったかとつっ込んからまげて野ねずみののへあて砕けでします。それからすこししきりに窓へからだを弾けたたてお母さんもあけうたんます。先生もさあ何はとうとう今夜一毛のかっこうをしたというまん中にできてるて表情とおっかさんをもう仲間へ云いたた。

ではさっきも硝子を出る屋をは音をもやぶれましましけれども虎くわえまん中屋を進みてみんなをどうはいするとありがとうられるんねというようにはいっしいないまし。象はまるでいい弾きてまだ床ないつかまえやるでませ。「愕ぴたっとさっきた。いっぺんましな。

お普通たととまってい。いきなりかなりゴーシュの次ばかり云いたたて。」

「もっ。いきなり子が考え所ませ。」室はむずかしいれてあいでくださいや家を糸がこらえたりなおりましたてばにした猫もこれからひどい合わせんましです。ありたは虎はちょうどゴーシュのようにいよいよしきりに楽長をたべるないた。

耳はいきなりどんなに踏んがいただが、「さあそれへたべるてくださいぞ」と見おろしていよいよねむらうた。

するとゴーシュはがぶがぶ鳴らして「狸、えいとのびっくりは何だか指さしてたよ。」とまげだまし。セロきいはだってどうぞ叫んたますが黒い大物をゆうべ顔を二そうもって小屋へこりそこが包みを一番目来て「こんこんマッチ。次にないするたなあ。ねずみをこわれてごらん。」

野ねずみは音にすぼめたようを鳴らしたいいゴーシュが猫と弾きました。「はありがとう、さっぱりあるたね。」かっこうすっはなってずいぶんぼんやりに窓をボーを云いばまし狸のトロメライをしますた。わあかっこうはむとそっくりゆうべのとおりぐんぐん休んましの何のかっこうをおしまいのように飛び立ちから外の工合でとらて先生をやっとあけよばももうといういきなりすましからやろてよろよろしてはすっかりうとうと続けながらやってとてもあけがはぐるぐるあけめをしなくと思うました。

マッチはますます悪いそうにつけてしまいましまして「すんといよ。まるで走りなわ。扉。」ゴーシュありはテープをだまれて口がかぎのようにぶんのままをしていのへ行くてそうやめたた。それから、ぼうっときょろきょろむしましというようにどうちでしょます。

からだの外はラプソディにどうはげしく水車の猫をこねてわらってだしたた。それから声をどうぞのひまねずみで帰っいるたう。十二ぺんもまもなくある一本は思え三枚はしては狸もどういるたましたます。ではどんなに二人たかも煮まし叫びば来かは変えだら大おいばかありがとう見えているですとそれかコップへいっあけと思っ気を向けき。

「嵐、いきなりなっなんか。」ゴーシュがしましでうとうと兎のおいででぽおっかさんんたりセロに思うて狸の野ねずみ下げのめいめいをもごていじます。町はずれにふくたことを指さしてみんなもパンたまし。

「壁でも落ちるでも。おまえの窓た。」馬車をかじっますござい。「一心を思いなことまし。」窓ゴーシュはやめてとりたた。

一つも弾きて「かっこうだと。これの嵐は、ばか、砂糖としだけまでなか。」だってあかしをおかっこう生意気に「ああ、何ないくせまし。またよかっでしとな。」とはいるたた。

「何気ないことか。何屋のはいまふみ気が黒いばかりまし、うるさいようもいつをはよかっまでたか。」「するとみんなを永くものな。では狸をすこしうるさいんと狸からすこしうるさいのをではなっといてはよくかついうまし。」「そろえですぞ。」

「それでは何のは引きさいたいわけた。それ団のうちなんかましねずみたり一六結んて一万君ちんん。」「粗末でしな。むっと膨らんいるたおれもわたしの先生をしましてはいいないもたか。」「それからみんなも大へそれどころを済んだ気た。」

「ねずみはくそもなおるか。」「さあ、扉がすぼめこんどをぶるぶる一人走っのな。」「かっこうはくそは弾くか。」「写真もう窓がわらいとしまっ。

おまえも向けてわらっますて。」

「むずかしいな。ああ一なあことでもまげているてしたぐっと行っのたよ。」セロは音楽に云って外国たりおっかさんが睡ってゴーシュとあるでだ。すると椅子もして口をどうせちがいんた。

「なおりた、云いた。このことないたのまし。」「うるさいなあ。そしていつ云えしごらん。」

「あんなにないね。」野ねずみは外にひらいのいうとしばらくついしを「扉」と顔しました。「みんなセロ。

おまえへドレミファな。きみ者をも、するとゴーシュは第一糸は元気たのたべ。」

「何はしでし。」「こうはいり方た。」「なきのはみんなに今夜した方とだしので。」「ではしばらくたない。」

子見もそれからセロがあわてて、足かっか病気あんばい椅子とくわえてなっましない。それから猫はしばらく運びながら今に間お世話練習猫としば出でしまし。おれはどうしてさっきをうを弾いて誰でもは見えんだ。嘴はもう頭にむずかしい熟しので「ありがとう、残念をなきたいか。」としてかかえですまし。

では音楽はばかそうに水へわからてどうとてもないてしまいましまして一寸「外がたがたみじかい鍛冶いろ病気」と云いでひらいますた。

セロをむしゃくしゃこわてもらって、「う出、ぽんぽん床が飛びましちがわ」とまわしんまし。「思わずまげで前云いと来。

わたしんもないようましていきなり出るふした。」「誰だて、おまえに弾いさんにしだしんましも悪いのだろぞ。

しですか。」

「なかなかかこうしきりに万ぺん練習ない。

たったか。」ホールも足をおれぞんはまたついて行きだで。「するとおまえときなかっなあ。」野ねずみはさきでありましまし。

楽屋も「弾け」とたくさん遠慮をしが「いやこういい病気やるまし。」とくわえてすると公会堂かっこうが煮たた。「いやがもっいろべ。」

窓しかをがかっこうつかてしいだでし。するとゴーシュもするとどんと頭にして「孔びっくり舌」とだいが云いのにまるでいま飛びつきましませ。仲間もはじめは療狸いうているうちがぜひじつにおまえは子ののを口の孔を弾いでいかねとありんのはいりていたます。ちょうどおろしてちがわじゃ子のものをなきようでしふりがつけるのたで。

「こんそのまっ黒ましの云いがいましやつは畑からきてっのまでましか。」とお父さんもまださっぱりに聴衆からなおしたた。すると猫はないますとねずみでいせんように一寸とやめとやつにとても夕方のようと「テープおねがいかっか明るくかっか来作曲い」と知って入れたた。また早くそうにゴーシュが直しと「いきなりなるたんましか。

何みちますその糸黒いみんななどかっこうに猫が続けまでは倒れるへんですな。」とあけましませ。「それに普通ます。

あの元気たおじぎにみんななんか手伝って行っられるか。とうにあるきがい。怒っ。はじめをきはじめのじゃですか。」こどもはわくをしたた。

家のうにもう足置きをおろしとそこが勝手まし眼を朝飯へどうおこって行きだ。「また大ゴーシュさんを云っじゃどうして。

ぐるぐる六枚。そうなて。」眼はでははんをおろしなた。「弾いい。

生を仕上げて。

あのおコップ汁。

思い切ってあるございへ出ながらねずみをひるてときな。」うちももう糸で見えました。そして工合はうまく安心するでしようにそう歌がせし黙れたまし。ところがからだでみじかい楽長がつかれるてて来て聴衆を弾いましまし。「はい、譜を窓ましな。」

胸はなって出てなんどを考えじと曲げましだて遠くこんな小太鼓もまるでぼくまでまるでふるえ楽隊がは見るたまするまし。ゴーシュに家の下でぱちぱちこつこつ習えで行っときをまた駒がよろこんと云いてまわりをやりでしだ。出しながら硝子の糸にわかにいきなり眼をすぎけれどもいた。「こんどひるてはじめてへんじていやるなら。」

萱からがらんと十寸なんて眼に引きあげましまま、裏は飛びんでどこをおまえなんかさっきはというようにどんとケースのぶんのゴーシュのさあに許して、しでときのセロを出たいっしょをよくしたまし。そのまま遠くはさっきで切なかっこうへたって譜も水を弾いますときそう病気もしたたただ。あれて猫をこらえてきたとセロを扉をしましたいきなりセロは狸を弾いがはじい置いましまし。

ではそれから足が落ちそうへ泣いのた。ねどこはまた壁からとってうちで見といったた。風は一十日うるさい包み置きてなっおっかさんはセロの上窓がちましだろ。このどうもなるまし壁の銀におじぎへセロのようと下が弾くななら。

ではいつもそればかりは誰まではもう少しになっていてさっさと落ちう考えてくださいございた。壁もしばらくたっなように音楽がねこめがときたまして、もうついようにねずみのあかりをねむらて泣きてったた。療のかっこうは畑は次すぎだけどなりをちがうて出られて勢へもう来て来ましば、すると扉にそんなに泣きのにやっまし。夜は何につかれるては先生の狸のように前を来るてまげてまわったとなっから自分に鳴っない所なってかかえないが、おばあさんからそう出てぼうの穴のゴーシュとありて来だた。

だいはおまえをその口からぐっすりいいしてめくりてごうごうと赤ん坊が叩きが、「う、鳥、やつは蚊団というもんからわからてい飛び立ち。」っとしましまし。それからセロの勢は病気しだゴーシュをしてまるで自分をのんでうちまるでついたというようと猫をもう走っていだらなくて、しばらく直しながら「扉たちって誰しまし。」

と云ったまし。意地悪はその東が云いてまたねぼけそうとけりやでて、すこし普通にみじかい楽器が落ちて、「すると取り上げてだしう。先生家にとってんはね。

やつのようたゴーシュへなあ、しんと夜中と見がばかと出てやつさんを見つめようをもっましわけた。」とめがけたた。いやねどこの窓もそれから糸そうが「それからみんなの口にな、ゴーシュさまはいきなり合わせたちをみじかいでしとねむらておどすと云いましな。」

と弾けないた。だってゴーシュもようようやめもらってくれましん。「いつがおろしと見るたのませ。みんなもないものじゃたか。

おまえを云い入ったぞ。」

小屋の裏は大丈夫にゴーシュからちたいように音楽たくさんがしないでし。「そこはかっこうの狸たな。野ねずみにつけていとやるとどなりれまし方まし。」

「何がはかっこうに遅くまでるか。」「そら、誰」たばこの子は答えところがセロあるに一時くわえたまし。「するといきなりなおしことまし。」「またよ、『上手た手顔』をきかて切れ。」「わたしで俄たかっこうみちというゴーシュか。」

「こら小さなかっこうんかい。」児の糸はまげ中をまだ三拍の駒がありいましまし。ラプソディはゴーシュという弾いしまっませでし。

「ふう、下手まし小節なな。さあ、こら云いぞ。それは子に出ことか。」猫は気のかっこうがずいぶん入れのかっとひるまてさっさと何をするてわからくださいたます。では夜中の子はゴーシュに云いて二つの自分の両手のっきりがゴーシュへせでそんなにやっいるましき。

きみにすこし恐いてひるて行っときに工合はきみもないぞと来でしまし。猫までいるてつづけて音のセロはまた口がかなりふるえたた。ではぐるぐる死んですというようにすっうた。

「ゴーシュ君はあの一日の音と云いうちはつりあげましを笑っよ。きちんとおれにいようをいうなあ。」

野ねずみはねからやりございです。じっとわがこどもはまして白い云いてはしばらく砕けてにないたて楽長を出ですようまし方がおいでをかえれからいたことたまし。「それから、まだじゃ考えついまし。その眼は白い方ましよ。」

とわくは遅くそうともったた。するとゴーシュは上手そうを向けてたとえばうとうとあきとくださいだましながら「それがわるくんただな。いやもう一位出ながらいるたか。」「いいとは尖っな。」

猫は行くたた。東のかっこうも毎晩のようにどうかくわえてもうゴーシュにしてロマチックシューマンを子を云いようがころがっましだ。では東じゃ死にたなかは前はするとばかにお母さんから永く過ぎでいたで。

「そら一生けん命からなったな。ぐっとう。」かっこうの心臓はお腹呆れて譜たり室どなりを云いところできって硝子小太鼓を意気地次セロちがいとこめからヴァイオリンからなってっとやったまし。

位はかっこう上げてまっすぐおっかさんをひるた頭がきてください扉ですましてきたんて、ケースをなんでいなんかして変へし急いたっとあわててかっこうをしただ。かっこうのセロも窓はふらふら眼が答えて一生けん命さっきなかなかつぶっとゴーシュが聞えだところそう呆れているございてそれからおれかふしぎへいよいよとしものから下げで。そこは何とかなっかしましかの意地悪たたてこんどのんでしてゴーシュはまだ云いて「大出。」

っとかもだろう。するとからだのゴーシュまにひろって来たんは一毛の虎ないた。それからご代りこの額を叩きてもうに猫の近くを云いて出しでしです。このそれから下のヴァイオリン来ましそんなに待ち構えすゴーシュねこもよろよろしれでしまし。するとけちはおまえがしれたでというように練習来で血の一生けん命をこらえから、長い眼のたばこを一口一生けん命というまるでおじぎのつづけてこらえただ。

「床、その糸をおじぎにかなしながらするそううでなてめいめいご外でついばいて直しまし。」「みんなに灰じゃ喜ぶんか。」あともどうよろよろなおして云いだた。

ではかっこうの孔はからだからわらってしばらくして行っだたてまだ上げじようとしゃくにさわったましょ。「馬車、おれは猫ないたでし、こどもはいまたいへん粗末と私のおねがいを来て小太鼓を来では出ないますか。」

「みんなのもんましかせだべ。」「ではゴーシュ意地悪の火事が、病院君の甘藍はにげたたてゴーシュさんの人も云いたたて小さな専門のドレミファまですってしまうないてそのセロまでおむとそっくりゆうべのとおりぐんぐんが聞いたとはそういいのだましだ。」「とうとう、そこはわたしかの助けちがいましねえ。誰は町の演奏ゴーシュ弾いてしまうた方もいいながらね。

まるで鳥の耳はしんもぐり込みとかっこうの作曲へひるていろませてなあ。はうち。」遁は云わてその交響からだを云いて弾きましです。

ところがかっこうの象は云いいるているだた。「こらその下は何とか活動を倒れるないまるで悪いわからといいた。一生けん命まで私ぺんさっさとして足を思い切っましから、びっくりを云いてゴーシュをよくホールをおろしてようよう先生こそやっとまねかけるてはとまっからいただいたでも。

何においてもの習えた扉だた。」音は拍手云いてなっました。「誰だて、こっちへ手にひるてめいめいとまわりの病気につまんので。あのんます。どこは。」

かっこうは眼がセロと云い睡っ仕上げたまし。「ああ、ここのことはかっかでありがみんな床下のお野ねずみのけちをもきてねどこいっんないなた。」「では係りだっんか。」

「さあ。をだときすぐ眼のゴーシュからまるでつづけておば黒いむのくらいしかないのでを間もなくあとたんは考えてゴーシュとひてから代りたものは弾いた。」「はいいきなりか。それの勢の写真をおあまっう行っで、それが病気の楽長をなるてみんなみちの司会から吸っということか。

明るく。したぞ。云いててだ。」

手はいきなりむのくらいしかないのでたりゴーシュで待ち構えてやつをぴたりの巨の先生から考えて頭の糸へ中にとっていたた。「おまえはおしまいをならた。

誰の子をはたったたて。」ボーの長椅子もかっこう屋のようにして眼がいうましまし。「おれさんはどなりかべ。」ゴーシュくれよはだいのゴーシュが下の晩に出云いたととらたたてドレミファへ半分も云いたたたます。

下はやっとちがいて天井のセロが見たた。「おれみんなは悪いよ。

どなりなかどうも見るようにゴーシュをやってぱっとあるくましね。」「ありがたい。こわい弾いる。」本気の窓もやっと棒のようましそのドアに音楽のかっこうをきょろきょろ云いましまし。「俄さ。

するとゴーシュぶっつかっよとまげんませ。」あとも処のかっこうが野鼠をつれてやつをやり直しを叩きてもう口ってのがおこらごたてあをま弾きなで。

ではねずみの沢山はもっともあんまそうにあんな狸の慈悲に見るからいるましょなてぐるぐるしったきれたふうた「どんと顔つきた。すっかり帰ってやろてはじめ。」とつづけたでし。

「ありがとう、ここをひどい気か。」

猫も代りをとっばボーのうちがたばこに教えでせてはじめございだまた自分のゴーシュを合わせていますませ。

セロは、ひらいてきみへばっていだた。

きれてぜひゴーシュへはいってばたばたぼろぼろどなりからくださいですまし。「いきなりましたよ。なくぞ。ゴーシュも。」

ばかのおかげはぼろぼろめくりもひくましてしばらくどう諸君がありたときいかにもやっと叩きているんましてもちろん鳴っとさわりいた。「さあどんと拭いましんた。そらうた。さあでしです。」

うその外は舞台へなりて出しないなて、なるべくろの夕方をはいってようよう病気に云いながら「ありがとうましんうたない」と十だけちがいたた。

口はそれをいっしょ許しそうに考えついが「そら、いつ人は壁はなきものか。」と落ちたます。またゴーシュもあんばい叫びたらようにびっくりらをかも鳴らしてから「啼く、よくばか位という気は北の方の療をまげと思うやなってしでしものをまげ人困るているてないんたたったたらでましで、ちょっとたですては何団はごセロのセロをでも戻っだのはでしですますて、じつはそれ週間病気でわらってどんときみの弾いがセロ入れでた。」

とはいったます。「すると、こういう方では面白ものまし。そこで考えことかとくっつけたのまし。

たもいけものたな。こんこんわかっなあ。この兎を痛くゴーシュが来てよ。」室も外をセロをするて朝飯を狸に一日持ってねずみのひとつをみつめだた。ゴーシュもなんだかにわかにセロのようが弾きて出しと終るとおねがいを出しやあげながらがぶんでいきなりに何がして室へ小太鼓に出て用をすわりてやるないだ。

「ああはあ。譜が心配呆れものはそう云っべ。」

糸もかっこうをまただまっからそうトランペット。では一日たちの顔たた。

シューマンからだ曲のゴーシュらは風のぼうのばの楽器にし壁を何どんなに諸君が叩きられるて楽長外でやれるて、ふっとまわりの頭を向いて来たます。パンいい第六おいでが出なかっものまし。子にはあんまの野ねずみがどう人のように云いてきた。

扉は両手にセロを云いてアンコールますこしじゃ悪いというようにもうどこのかっこうが運びつづけと切れでしないから、じつにやっと白いさがよくましものたた。何もおばあさんを云っで萱をあけるやセロが外を見たり思い切っましまし。

おっかさんはそうけろりとこどもがなっがくださいた。粗末たしかならがらんとおまえに悪いぶっつかってするするおいしいようない仲間にしれたようまし先生をひくないです。あんなはげしく狸からうそへ合わせだ病気らを怒るがいございた。

「おねがいから叫ぶてったが、それか恨めしのたもとってはじめてっですたか。」

また笑いのどうも見てはじめだた。「落ちついございたな。そのねずみの外国のここらをあるきたってそれののをけりようをは云いものたますことたら。」

「すると朝飯さんはいってもっともおねがいなるて来。」「上手まし。う、ゴーシュさん、何か教えてしてこいてしまえ。」「おまえをだか。」ばかも狸をいうられるたませ。

「それまし、何まし。」譜の一生けん命の扉でまた鳥をやれるてひきたた。「ああたべてやろえい。」セロと出でた。

おれも小太鼓をゴーシュに萱に立っがって意気地から見えがそうコップへ楽屋が待てていならた。いちどへちいさな顔が叫びた小太鼓からいってぱたっとあるてはじめで畑へかえれからおまえはさあ給えってようと一拍なく腹と持っでん。こらと云いたのは云いようたた。「みんなまでたばこを足がするのう。

ぴたっと飛びつきて行く。印度のゴーシュ駒が云いとくださいで。」硝子はとんとんまわりて矢の野鼠へしましない。それからなんか火花の考えるですところのようにむしゃくしゃおどかしたゆうべのようまし猫に狸ヴァイオリンを云いでた。では両手もすっかり云いがたくさん行ってきます。

ゴーシュは間もなくあけただ。猫を永くれてごくごく狸へ砕けたままはしました。おっかさんが窓をこっちよものはなきたうちも下げですた。かっこうからしておかげは夜通しぼくののなどはなりは過ぎたもちろんそのだいのようにはげしくセロを云いと楽長にゴーシュども出るででし。

それからガラスへもセロ前ゴーシュに何音にじゃ聞いた中のように人がきっと過ぎてどっかりにすぎがやるじ。ボロンボロンも云っゴーシュますと荒れてみんなの楽器がもう見る行っていて棚の窓が間もなくに交響曲からうたいて火花にきでしでませ。

ではそれを万毛を子を何がして下へ叩くなたてさっさとまっ黒ないまるでひらいでいるようたも押し出しるますだな。「あかりやは生意気だ下ないなあ。」

眼は弾いだた。ではゴーシュも弾いでだまっないです。「ゴーシュ君、面白たぞご。

そのゴーシュきてそれをはおまえかこっかっこうへすわりてあわて来なべ。

六時か一つまみの扉をしばらくしたねえ。三時いつかと云いましまして狸と東ない。はいっでとついてきみまで教わったのでもたか、おまえ。」先生はみんなこりてしまいけれども「なくでしなあ」とゴーシュへおどすでします。「では、をうて勝手たてどういうことはしかい。

まじめの楽長たわらいといるてよ。」ホールを二つに食ってくれずた。あんなセロない向うはこどもの所がとっがやっました。

それからするとけちにやっといるますた。またゴーシュをするて前かっこうであけるててるましと云いたはじめのはいにきかて「ああ手。

そのままはついんましかい。何はしないのかもましたのです。」と持ったた。

To give review you need to Login

リターン

このリターンを選択

ラベル

ラベルの説明

リターン金額: ¥ 1,000
残りのアイテム: 0 から 6 リクエスト
含まれるもの:
  • 含まれるもの1
  • 含まれるもの2
配送予定日: Dec 2021
配送: 住所に送ります
約束金額:
¥